この記事の所要時間: 76

家を建てる

家を建てる時には注意しなければならない事も沢山あります。
人生の中でも一番高い買い物と言われているわけですから、もちろん皆さんしっかりと情報収集をしながら行うわけです。
一度手にしてしまった後、すぐに売却や手放す事は出来ないため、慎重に購入をしなければなりません。

しかしながらトラブルも多い業界で、せっかく高いお金を支払って家を建てたにも関わらず、トラブルになってしまっては元も子もありません。
注文住宅を成功させるためには、信頼出来る業者に依頼をし、計画をしっかりと建てる必要があります。
そのためにも、事前の情報収集というのは必要不可欠になります。

家を建てる時の費用は?

家を建てる時の費用が一番気になる所ではないでしょうか.。

まず、土地を持っているのかどうかでも変わってきます。
土地を持っていないという方は、不動産業者、もしくは注文住宅を依頼する業者に依頼しなければなりません。

土地そのものの費用以外にも、業者へ支払う仲介手数料や登記の手数料などが必要になります。
もちろん、依頼する業者や知識によっても大きく変わってきますので、実際には業者に相談する事が手っ取り早いと言えます。

家自体の費用としては、最近では1,000万円のローコスト住宅という商品もあります。
決して家の質が低いわけではなく、標準仕様で長期優良住宅にも対応しています。

どこまで拘るかによって、1,000万円台から億単位の費用が掛かるわけです。
平均的な価格としては、2,500万円〜3,500万円の間となっています。
もちろん、地域によっても大きく変わってきますので注意してください。

業者によっても費用が変わる

家を建てる際の費用として、その人の状況によっても異なるわけですが、業者によっても大きく変わるという事は知っておかなければなりません。

費用の内訳としては、材料費や工事費、その他諸経費など色々なお金があります。
業者によって、仕入れるルート、人件費、宣伝費などは変わってきます。
そのため、見積額が変わってくるというわけです。

もちろん、技術面、担当者の質も業者によって教育の方法が違いますので異なります。
自分に合う業者を選択するためにも、必ず複数の業者に相談をして比較をする必要があります。

資金計画は非常に重要

高い買い物になりますので、今後のライフプランの中で多くの比重を占める事となります。
20年〜30年以上に渡って住宅ローンを組む場合には、後々の事も考えなくては失敗をしてしまいます。

単に家の建築費、土地の代金だけではありません。
登記費用や引越し費用、仲介手数料などの諸経費も思った以上に高くなります。
全てを総合した上で、計算しなければなりません。

また、金利も考えなくてはなりません。
住宅ローンで低金利と言えども、1%変わるだけでも総支払額が数百万円違ってくる事も珍しくはありません。
変動金利・固定金利ともありますが、変動金利は現状で安くても後々の計画が立てにくいというデメリットもあります。
変動と固定ミックスでローンを組める銀行も存在しますので、色々なパターンで資金計画を立てていくようにしましょう。

注文住宅を依頼する業者でも資金計画というのは丁寧に行ってくれます。
むしろ資金計画をおろそかにするような業者に依頼しては危険なのです。
人生を左右する事なので、慎重に計画を立てるようにしましょう。

業者の選び方は?

家を建てると言っても、多くの業者が存在します。
大きく分けると、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所に分かれます。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分の家づくりの目指す所、というのは業者選びに非常に重要となってくるわけです。

ハウスメーカー

メリット

設計から施工まで一括して行う事が出来ますので、手間がかかりません。
また、資金力を活かした仕入れコストの削減などが行えます。

長い付き合いになるという部分を考えると、安定感があるというのも魅力と言えます。
その他、マニュアル化されているため、サービスの質に差がない事も挙げられます。

デメリット

仕入れコストの削減出来る反面、宣伝コストが高い可能性があります。
全ての業者が該当するというわけではありませんので、詳細は見積もり依頼をする必要があります。

仕様がおおまかに決められているため、完全な注文住宅にする事が出来ないというのもデメリットとして挙げられます。

工務店

メリット

自由度が高い業者と言えます。
施工技術がありますので、色々な注文を言う事で反映してもらう事が出来ます。

また、地元に根付いた工務店が多いため、サービス面でも融通が利きます。
迅速、丁寧なサービスをしてもらえるというのは、魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。

施工は自社内にて行うため、費用面でも一番お得になる可能性が高いと言えます。

デメリット

少数精鋭なため、時間がかかる可能性があります。
地元の場合には倒産リスクもありますので、保証の部分もしっかりと確認をしておきたい所です。

建築設計事務所

メリット

設計に特化しているため、拘りがある人は建築設計事務所の一択になります。
自分の思い通りに設計をする事が出来ますので、打ち合わせの際に様々な要望を伝えるようにしましょう。
相手は設計のプロですから、抽象的な案でも具体化してもらえます。

デメリット

自分の想い通りに出来る反面、設計と施工業者が別になりますので価格が高くなります。
高額な費用をかけたくないという場合には向いてません。
その他、拘るため時間がかかるというのもデメリットとなっています。

価格だけで選んでは失敗する

多くの業者が企業努力をしており、質の高い家づくりを低価格にて行う事が出来るようになりました。
しかしながら、中には悪徳業者も存在します。

安いから良い、高いから良いというわけではなくなっています。
価格だけ見て業者に依頼をすると、思わぬトラブルになる可能性もありますので、十分に注意が必要になります。

家の質(構造、素材など)はもちろん、担当者の提案、アフターフォローも重要となります。
特に数十年の付き合いになる家ですから、メンテナンスは欠かせません。

何か不具合がある事は絶対にありますので、迅速・丁寧に対応してくれる業者でなければなりません。
また、倒産してしまって保証が出来ないというのも最悪の事態です。
倒産した場合、第三者機関がしっかりと保証をしてくれるのか、そういった部分なども契約前に確認をしておきたい所ではあります。

複数の注文住宅会社と比較をしよう

前述でも記載した通りですが、家を建てる時には複数の業者と比較する事が必須となっています。
知り合いが良いと言っていたとしても、自分の家の状況と異なりますので、提案の方法なども変わってきます。
あくまでも自分に合った業者を選択しなければなりません。

友人の紹介、地元の業者、大手業者など、一旦話しを聞いてみるのも良いですが、色々な業者を見ておくようにしてください。

また、複数の業者と比べる際には第三者の立場から紹介してもらえる、一括見積もりサイトはオススメとなっています。
運営会社がしっかりと審査をしているため、悪徳業者が参加をするという事も限りなく低いと言えます。
自分達で業者を見つけるよりもはるかに安全と言えるでしょう。

一括見積もりサイトは色々とありますが、当サイトではタウンライフ家づくりをオススメしています。
その理由としては、業者を紹介してくれるだけではなく、「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の3つのプランを無料で提出してもらえるという事にあります。

複数の業者からプランが一括でもらえますので、気になった所に実際に話を聞きに行けば良いため、非常に効率が良いのです。
もちろん、プランの提案というのは無料ですので、安心して問い合わせをする事が出来ます。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

【タウンライフを選ぶ理由】

  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】


タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。