この記事の所要時間: 230

注文住宅のバリアフリー

注文住宅を建設する際には、バリアフリー仕様にする傾向が強くなっています。
高齢化が進んでいる日本においては、高齢者の方が住みやすい住宅を造るというのが一つの流れとなっています。
家族が長く安心して毎日の生活を送れるようにするためには、細かな点に至るまで高齢者の方に合わせた家づくりが大事だと言えるでしょう。
また、段差が少ないなどの構造は高齢者でなくても便利なものですので、全ての人にバリアフリーという形の家は住みやすいものとなります。

注文住宅をバリアフリー仕様にする

今のところ高齢者が一緒に住んでいないとしても、将来のことを考えてバリアフリーにしておくのは賢い方法でしょう。
後から改修して対策を採るとなると、手間も費用も余分にかかってしまいますので、無駄なコストをかけるよりは、最初からある程度の対策を施しておくのが無難と言えます。
バリアフリーにすると言っても、部屋の境の段差をなくすなど、限定的なものであっても、将来に備えるうえで助けとなりますし、その変更で大きなコストやデザインの変更が必要になるわけではありませんので、行っておく価値があります。

バリアフリーにすることのメリット

注文住宅をバリアフリーにしておくことのメリットは多くなります。
介護が必要な人が一緒に住むのであれば、自治体によって補助金を受け取る事が出来ます。
仕様によってはある程度まとまった金額を受け取れることもありますので、申請を行って建設資金の一助とすることができるでしょう。
ハウスメーカーの多くは、バリアフリーの依頼に応じて色々なオプションを持っていますし、各自治体の条件に沿った申請を行う準備ができていますので、設計の段階で確認してみると良いでしょう。

バリアフリーは基本的に高齢者の安全と快適さのためになされるものですが、子どもたちにもメリットがある仕様です。
段差が少ないことや、転倒しにくい工夫がなされているため、子どもの家の中での事故やけがを防ぐ事が出来るようになります。
住みやすい家の定義には、安全という事も含まれますので、バリアフリー仕様の良さを生かす事が出来るでしょう。

バリアフリーの注文住宅を建てる際のポイント

バリアフリーと一口に言っても、色々なレベルがあります。
敷居などの段差をなくしただけのものもあれば、手すりを廊下につけたり、キッチン設備を専用のものにしたりすることもあります。
それで、どんな形の設計にするか、どんな用具、設備を導入するかをしっかりと考えるようにしましょう。
というのも、高齢者の方には使いやすいものでも、若者には逆に使いづらい設備などもあるからです。
誰が主に使うか、どの部屋にどんな仕様を施すかなどを、実際の生活をイメージしながら決めていくことが肝心と言えます。
後から改修するのは簡単ではありませんので、設計の段階で将来に備えられるように、きちんと決められるようにしましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。