この記事の所要時間: 429

家を建てる際の第三者機関の検査

家を建てるには高額な費用が必要となります。
高い取引という事もあってか、住宅業界では非常に多くのトラブルが発生しています。
特に欠陥住宅というのはニュースでも取り上げられているため、多くの方が心配している事ではないでしょうか。

せっかく高いお金を払うわけですから、欠陥住宅は未然に防止したいですよね。
もちろん、施工を依頼している業者側もしっかりと検査を行いますが、それでも不安という方は、第三者機関の検査というのもあります。

今回は、家を建てる際の第三者機関の検査について焦点を当てていきます。

住宅瑕疵担保責任保険

現在、法律で住宅瑕疵担保責任保険の加入を義務付けています。
この住宅瑕疵担保責任保険というのは、引き渡し後に何か欠陥があった場合でも、保証をしてもらえるという制度です。
この範囲は構造躯体部分など、家の構造上で重要な部分のみの適用となっていますが、ひとつの安心材料に繋がるとは思います。

ここでポイントなので、住宅瑕疵担保責任保険にも種類がある事を知っておかなければならないという事です。
自社にて住宅瑕疵担保責任保険を用意している業者もありますし、第三者機関に依頼している業者もあります。
ここでは必ず第三者機関に依頼している業者を選択するようにしてください。

自社にて保証をしている所は倒産するリスクがあるためです。
万が一、引き渡し後欠陥が見つかったとしても、会社自体が倒産してしまっては元も子もありません。

また、第三者機関が保証をするという事であれば、第三者機関がしっかりと検査を行います。
そういった検査の面でも住宅瑕疵担保責任保険は第三者機関が保証をしている所にしましょう。

第三者機関はどんな所がある?

地盤調査、配筋検査、構造体検査、外装下地検査、完了検査などを行います。
これだけ見てもどんな検査をしているのか分からないという人が大半ですよね。

検査にはしっかりとした知識が必要となります。
そのためにも、欠陥住宅を防止するために、第三者機関の検査というのは非常に有効な手段と言えます。

住宅瑕疵担保責任保険では様々な第三者機関があります。
JIO日本住宅保証検査機構、財団法人住宅保証機構、ジャパンホームシールド株式会社、住宅あんしん保証、ハウスプラス住宅保証などがあります。

上記の団体は多くの実績もあり、専門知識を持った者が在籍していますので安心と言えます。
家を建てる前、業者に住宅瑕疵担保責任保険はどこの機関で保証をしているのか聞いて、その会社がどんな所なのか調べるようにしましょう。

建築士に個別で依頼する

1級建築士に直接検査を依頼する事も可能です。
金額は数回で数十万円になります。
チェックする目も増えて効果はあると思いますが、金額も高いため利用する人は少ないと言えます。
検査内容も依頼する業者によっても異なりますので、事前に内容の確認も必要となります。

また、建築士に個別で検査を依頼したとしても、万が一何かあった場合でも建築士に責任を問う事は出来ません。
こういった事からトラブルになるケースもありますので、あまりオススメしません。
一方でJIO日本住宅保証検査機構などの第三者機関であれば、しっかりと保証もしてくれるため安心と言えるでしょう。

第三者機関の検査に頼り切ってはいけない

第三者機関の検査は、第三者の立場から検査をしてもらえるというメリットがあります。
施工業者が気付かなかった点も見落とす可能性が低くなります。

ただし、第三者機関が検査をしたからと言って、欠陥住宅に絶対にならないというわけではない事を理解しておきましょう。
施工業者とはそういったトラブルが発生した時も含めて、長い付き合いになります。
そのため、しっかりと対応してくれる注文住宅会社に依頼するというのが、一番の欠陥住宅を防止するための対策となります。

第三者機関の検査はあった方が欠陥住宅を防止する事が出来る可能性は高くなりますが、十分に注意する必要があります。

欠陥住宅にならないために絶対にやってはいない事

欠陥住宅にならないために、そもそも注文住宅を依頼する業者の選択を間違ってはいけません。
例えば、よくある欠陥住宅が起きやすい業者というのは、施工を下請け業者に丸投げしているという所です。
住宅業界になると、下請けだけではなく、孫請けにて施工を行う所もあります。

下請け業者、孫請け業者に施工を投げるという事は、限られた範囲の中で施工をしなければ、施工業者側も利益がありません。
そのため、施工に粗が出てしまうというわけです。
管理体制も甘く、トラブルが発生した際も販売業者と施工業者の「言った・言わない」と責任の擦り付け合いになるケースがあります。

家を建てる業者は必ず複数の業者と比べて、引き渡し後もしっかりと対応してくれる業者を選択するようにしてください。
価格などを重視して注文住宅を依頼すると、最悪のケースになる場合もありますので注意しましょう。

業者を選ぶ際には、必ず複数の業者を見るようにしてください。
その上で、価格、サービス、担当者の質、保証を総合的に判断して、自分に合った業者を選択する事をオススメします。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。