この記事の所要時間: 230

遠方の注文住宅について

家族の事情や、住みやすい土地に移動したいなどの理由で、今住んでいる所から遠く離れた土地に注文住宅を建てるというケースは多いものです。
心機一転新しい場所で生活を始める事は、人生の中でも刺激的な時期となると思います。
しかし、遠方で注文住宅を建てる事にはいくつかの注意点が伴いますので、あらかじめ押さえるべきポイントを知っておきましょう。
まず、新たに土地を購入するのであれば、地域の情報、町内の情報、そして購入することになる土地の情報を自分の目で確かめるようにしてください。

注文住宅を遠方の土地に建てる場合に注意すること

土地の購入にあたって、不動産会社は色々な情報を写真付きで教えてくれるでしょうし、今ではインターネットでかなり詳しい地域情報を確認する事が出来ます。
しかし、机上で見る情報と実際に自分の目で見るものとは違うことも多いので、必ず足を運んで確認することが重要です。
気候や道路状況、街の雰囲気、買い物の便利さなど、実際に見てみないと分からない事は沢山あります。
遠方に住んでいるとしても、土地の購入に当たっては必ず現地を見ることが欠かせないのです。

土地の住宅メーカーを探す

注文住宅を建てるに当たっては、どのメーカーに設計と施工を依頼するかというのはとても重要な要素です。
それで、じっくりとハウスメーカーの選定には時間をかけるようにしましょう。
全国展開しているような大きなハウスメーカーに依頼するのであれば、遠方にいるとしても色々な計画が立てやすいのですが、地元のメーカーに依頼するということもあるでしょう。

地元のハウスメーカーに依頼することのメリットは、やはり土地の状況に合った設計をしてくれるということです。
日本は土地によってかなり気候が異なりますので、土地に合った構造の家を建てることは快適に生活するために欠かせません。
また、地元の職人さんが働く事になりますので、地域に根差した営業を行っているメーカーであれば、職人さんと良い関係があり、工事がより順調に進んでいく理由ともなります。

遠方にいても出来るだけ現場を見るようにする

遠方に住んでいると、実際の工事は全てメーカーにお任せとなってしまう事が多くなります。
しかし、時間を見つけて、出来るだけ現場に足を運ぶようにしましょう。
そうする事で、工事の進捗状況を確かめられますし、しっかりと自分たちの希望通りの施工がなされているかを確認することが可能です。
また、工事を行う職人さんにしても、全く顔も知らない施主よりも、現場に来てくれる人の方が気持ちよく仕事が出来ます。
何か打ち合わせの段階で決めたことと違う内容で工事が進められていることに気付いたら、その場で修正が出来るのも現場を見ることのメリットです。
引き渡しの段階で気づいても、手直しをするのはとても大変ですので、結果的に遠方からでも工事中の現場に足を運んだ方が良いという事もあり得ます。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。