この記事の所要時間: 227

家を建てる際のインターネット

現在ではインターネットを利用した事がないという人も珍しいくらい普及してきました。
家を建てる際にインターネットを接続したいと考える人は多くいると思います。

仕事上で使うという人も多い中で、入居する際にインターネットの事を注意しなければ思わぬトラブルになる可能性もありますので、しっかりと準備をしておきたい所です。
今回は、家を建てる際のインターネット配管によるトラブルについて焦点を当てていきます。

家を建てる際のインターネットの注意点

インターネットに接続するためには、配管の設置、LANケーブルを通す事をしなければなりません。
LANケーブルを配管に通さなくても、無線のみで利用する事は可能ですが、状況によっては無線だと電波が弱く利用出来ないサービスもあったりします。
最近では無線LANも性能が向上してきていますが、インターネットの用途によってLANケーブルが必要な場合があると思いますので、どういった用途でインターネットを使用するのかは把握しなければなりません。

ここで実際にあったトラブルとしては、配管の設置は行ってもらえるのですが、LANケーブルを配管に通してもらってないという事があります。
しかしながら、それは業者側のミスではなく、どういった契約をしているかによります。
通常何も指示がなければ配管の設置のみで完了してしまいます。
そのため、LANケーブルを通してほしいという事であれば、事前にその旨を伝える必要があります。
当然、工事費用もかかりますので、別途見積もりをしてもらわなければなりません。

LANケーブルを別途業者に依頼するとなると、状況にもよりますが1万円程度から10万円前後が必要になる事もあります。
事前に業者からの説明がない場合がありますので、インターネットの接続を検討している方は、LANケーブルの事も伝えておくようにしてください。
どの部屋でパソコンを使いたいのかを明確にして、その部屋にLANケーブルを通してもらうようにしましょう。

費用面の問題もあると思いますので、特にネットサーフィンを楽しむような場合であれば、無線LANだけでも問題ないと思います。
配管のみの設置の方が安く費用を抑える事が出来る可能性がありますので、費用面とインターネットの用途を考慮して検討するようにしましょう。

インターネットは事前に手続きをしよう

インターネットは事前に手続きが必要となります。
事前に通信事業者、プロバイダなどに連絡をして、手続きや回線工事の手配をしてもらう必要があります。
自動で移る事はありませんので、入居予定日の1ヶ月前には電話をしておきたい所です。
地域によっては、3ヶ月くらい待たされたという実例もありますので、十分に注意してください。
無駄なお金を支払う事になる可能性もありますので、事前に手続きをしておくようにしましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。