この記事の所要時間: 259

家を建てるコンセント

家を建てる際のコンセントの数は非常に重要な項目となっています。
コンセントが無くて不便になるという事は多いに考えられます。
実際に住んでみないと、コンセントの数、位置というのは分からない事もありますよね。
コンセントの業者との打ち合わせというのは、1日かけてでも行っても良いと思います。

コンセント費用

コンセントの費用というのは、設計時にしっかりと考えておく事で、5,000円くらいで設置する事が出来ます。
しかしながら、一度家を建ててしまうと、5,000円で設置する事は難しくなります。
後々の事を考えると、しっかりと設計段階で決めておく必要があります。

費用を安く抑える事で設置する事は簡単ですが、あまりにも付けすぎるのは良くありません。
契約アンペア数なども左右されます。
あまり増やしすぎる事なく、行うようにしてください。

あった方が便利なコンセント位置

キッチンは様々なコンセントが必要となります。
炊飯器や電子レンジ、オーブントースター、冷蔵庫など、様々な場合があります。
そのため、多めに設置を考えなければなりません。
収納の中や家の外のコンセント、玄関、食卓テーブルの場所にコンセントがあると便利という声が多くあります。

人によって様々な生活スタイルがありますので、担当者に色々と要望を伝えるようにしてください。
最適な位置にコンセントの位置のアドバイスもしてもらえます。

まずは、新生活で使用する家電製品を全て書き出しをしてみてください。
それは現在ある家電製品はもちろん、将来使おうとしている製品に関しても想像して書き出しをするようにしましょう。
そのリストを業者の担当者に提出する事で、正確なコンセントの数、位置の相談をする事が出来るようになります。

最悪の場合、延長コードになりますが、配線がごちゃごちゃとなりますので、コンセントの位置は十分に注意しておきたい所です。
さらに、電気コードは火災リスクもありますので、ごちゃごちゃさせる事にメリットはありません。

コンセントの高さ

平均的には床から25cmと言われています。
しかしながら、使う用途によっても違います。
使う場所によっては、床から25cmの場所にあっても使いにくいだけになります。
ただし、あまり使わない所はコンセントが外れにくい位置を狙うというのも重要です。

洋室、和室の場合には30cm前後で問題ありません。
冷蔵庫180cm前後、洗濯機110c前後、廊下40cm前後、エアコン190cm前後、インターホン140cmなど、場所によっても高さは変わってきます。

よくあるコンセントの悩み

実際に家を建てる際に、コンセントの悩みを持つ人は多くいます。
実際の悩みというのを掲載していきます。

・キッチンでのコンセントの数が足りない、使いにくい
・テレビ周辺でのコンセントが足りない
・収納部屋にもほしかった
・床混戦とがほしい

基本的にはコンセントの数が足りないという悩みに陥る事が多いようです。
実際に住んでみないと分からない事もあると思いますが、出来るだけ相違がないようにモデルハウスなどに参加をするといった事も重要になってきます。
コンセントの設計で注意しなければならない事は、角にコンセントを設置する事で、家具などに隠れて邪魔になったという事があります。
あらゆる人のコンセントの失敗談というのは参考になりますので、色々と知っておくようにしましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。