この記事の所要時間: 236

注文住宅の間取り

家の間取りは、そこに住む人たちのライフスタイルを左右する大きな要素です。
家族が集まりやすいような作りにしているのであれば、家族団らんの時間が自然と長くなるものですし、それぞれのプライバシーを大事にするような独立した構造になっているのであれば、それぞれの時間を楽しむことが多くなります。
それで、注文住宅を建てる際には、しっかりと家族の生活のスタイルや、家族としてどんな形で毎日の日常を送っていくかをイメージしながら、間取りを決めるようにしましょう。
そして、色々なアイディアを自由に持つことも大事ですので、他社の色々なモデルの間取りも参考にしながら、自分たちの家族に合ったものを検討するようにしましょう。

注文住宅の間取りを他社と比較して考える

デザインや間取りの個性というのは、それぞれの住宅メーカーの売りでもあり、それぞれにコンセプトがあります。
それで、自分たちのイメージする家づくりについて設計士や営業担当者に説明して、それを具体的な形にしてもらうためにプロの目で考えてもらう事が出来るでしょう。
大体のイメージであっても、豊富な知識と経験に基づいたセンスによって、より良い形で提案をしてくれます。
このような設計士との密な話し合いをすることで、ずっと快適に過ごせる家を造り上げていく事が出来ます。

家族それぞれの希望を反映出来るような間取りにする

注文住宅は色々な要望をバランスよく反映できるのがメリットです。
それで、出来るだけ家族みんなの意見を聞いて、楽しく生活を送れるような家にしましょう。
もちろん、子どもたちの意見と親の意見が異なることがあり、多くの場合家族としての生活を大事にする親の意見が優先されることが多いものです。
しかし、ある程度はすべての家族の成員の希望が反映されるように、細かな調整をしていくと良いでしょう。
特に、子ども部屋の大きさや位置などは、子どもの成長にとって重要なポイントとなりますので、時間をかけてきめるようにしたいものです。

また、キッチンなど、特定の人が仕事をする事が多い場所もあります。
それで、そのような場所の場合は、設計をする時に、その人が同席して意見を直接言えるようにしておくと良いと思います。
そうすることで、より効率よく意見をまとめられるでしょう。
また、より働きやすい空間となりますので、実際に住み始めてからのメリットが大きいことになります。

家具や内装も同時に考えていく

間取りのある程度のイメージが決まったら、内装や家具の種類や配置についても同時に考えていくと良いでしょう。
そうすることで、設計をスムーズに進めていく事が出来ます。
部屋ごとにインテリアを変えることは当然可能ですが、ある程度全体的な調和があるように作っていく方が良いので、間取りと部屋ごとの違いのバランスを上手く取れるように考えていくと良いと思います。
決める事は沢山ありますが、こうしたアイディアを出していくのも、注文住宅を建てる楽しみの一つですので、楽しみながらみんなで考えてみましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。