この記事の所要時間: 258

家を建てる際の太陽光発電

太陽光発電を設置する家を多く見かけるようになりました。
家を建てる際に設置するという人も多く、今から新築をしようと思っている人の中でも、太陽光発電を検討している方は多いと思います。
家を建てる際の太陽光発電の導入と、既存の家に設置する場合では多少異なる部分があります。

今回は、家を建てる時に太陽光発電を導入するメリット・デメリットについて焦点を当てていきます。

太陽光発電をどこに依頼する?

太陽光発電は、通常であれば太陽光発電の販売業者に依頼する事になります。
専門に取り扱っているため、知識や経験も豊富で色々と相談する事が出来るでしょう。

しかしながら、家を建てる時にやってしまいがちなのが、住宅会社にそのまま依頼するという事です。
住宅会社というのは、太陽光発電に関して取り扱っている業者がほとんど存在していませんので、提携会社に外注する形になります。
そのため、紹介料・仲介手数料などが取られている場合があり、本来の金額よりも高くなる可能性があります。

そのため、太陽光発電を設置する際には、住宅会社ではなく専門業者に依頼する事をオススメしています。
ただでさえ新築の打ち合わせは忙しいため、業者が増えて面倒という方もいるでしょう。
そういった場合には、住宅会社に依頼しても良いと思いますが、見積書をしっかりと見て、他の業者と比較する事をオススメします。

住宅会社によっては建築費で利益を取っているため、適正価格に提供してくれる場合もあります。
色々な業者の見積もりと比べる事で、どの業者に依頼した方が良いのか判断しやすくなります。

複数の業者に見積もり依頼をしてみる

太陽光発電の導入を検討している方は、複数の業者で比較をするようにしてください。
数十万円単位で安くなる可能性もありますので、必須の作業とも言えます。

新築時の太陽光発電の導入というのは、業者側からも面倒という場合もあります。
新築は既にある家と比べてもやり取りが多くなるため、拒否される所もある位です。

複数の業者に依頼するというのは、価格が安くなるという事だけではなく、親切・丁寧に対応してくれる業者を探すという事でも、非常に有効な手段と言えます。
依頼主側も家づくりの打ち合わせで忙しくて、そんな暇はないという方もいると思います。
複数の業者に相談する際には、一括見積もりを利用すると簡単に比べる事が出来ます。

無理に設置する必要はない

太陽光発電というのはメリットも多くありますが、デメリット部分も当然あります。
金額も安くはありませんし、ましては家を新築するわけですから、太陽光発電を設置するとなると、費用面での負担が非常に大きくなります。
そのため、余裕ある資金の確保が出来る場合には設置しても良いと思いますが、ギリギリの場合には無理して設置をする必要はありません。

太陽光発電は売電によるメリットもありますが、20年から30年かけて回収するシステムです。
この先長い目で見て、売電がどうなるのか分かりませんので、投資目的なら辞めておいた方が無難でしょう。
住んでいる環境によっても発電量などは変わってくるため、導入しない方が良いという場合もあります。
また、売電に関しては固定買取制度はありますが、しっかりと契約前に確認が必要となります。

それよりも、「自家発電が出来るため万が一の場合に備えて」「エコに興味がある」と言った場合に設置すると良いと思います。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。