この記事の所要時間: 357

注文住宅の立会い

注文住宅の終盤になってくると、必ず立会いの作業を行う事となります。
立会いの確認作業が終わったらいよいよ引き渡しなので、所有権が業者から施工主に変わります。
業者と一緒に立会いを行いますが、最終確認という事もあって、しっかりと行っておかなければ、後々トラブルになる可能性も十分に考えられます。

今回は、注文住宅の立会いの確認ポイントについて焦点を当てて記載していきます。

立会いはどこに注意したら良い?

基本的には業者側からの説明を受けながらチェックをしていく事となります。
依頼主はどこをチェックして良いのか、基本的には知識がないため分かりません。
現場監督、営業担当者、設計士などが、現在の家の状態を説明してくれるというわけです。

昔の人はパチンコ玉を持って行くと良いなどと言った事もありますが、最終の立会いにて血眼になってチェックする事は辞めておいた方が無難と言えます。
業者側もしっかりと検査を行い、丁寧に仕事をしてくれたわけですから、気分よく終わりたいですよね。
後々のアフターメンテナンスを行う際にも、良い関係を保ったままお付き合いをする事で、融通も利いてくれるようになります。

最終の立会いで血眼になるのではなく、こまめに現場見学に言って、現場監督や営業マンから確認を受けるようにしましょう。
こまめに行く事で、途中途中でチェックする事が出来るだけではなく、良い緊張感も生まれてトラブル防止にも繋がります。

また、途中でチェックをする事で、途中で変更したい事も出てくるかもしれません。
そういった相談も営業担当者と出来るという所はメリットと言えます。

途中立会いの回数は?

基本的には担当者に伝える事で、現場見学というのはいつでも行う事が出来ます。
しかしながら、毎日行かれても業者側にとっても気分の良いものではありません。
多くても1週間に1回程度にしておきましょう。

施工期間は3ヶ月から半年程度になりますので、月に2回程度は最低でも現場に足を運んで確認しておくようにしたい所です。

第三者機関が検査をする?

注文住宅を行う場合には、住宅瑕疵担保責任保険など第三者機関が絡んでいます。
何か住宅に瑕疵があった場合には、第三者機関が保証をしてくれるというものです。
そのため、住宅に欠陥部分がないか第三者機関が調べる事となります。

第三者の立場から、さらにプロの目で検査をするわけですから、安心と言えば安心と言えます。
しかしながら、チェックする項目はあくまでも瑕疵保証の範囲内のみです。

「第三者機関も検査しますので安心ですよ」と言われた場合でも、最終の立会い検査の時には適当になる事なく、自分の目でもしっかりと確認をしておくようにしてください。

最低限チェックするポイント

最低限でもチェックしておきたい場所は、壁紙の汚れ、傷、フローリングの傷や凹み、ドア・窓の開閉、設備がしっかりと打ち合わせした通りになっているかというような程度です。
コンセントの位置やスイッチなども確認しておくと良いでしょう。

多くの業者は、入居後の半年以内に無料点検を行ってくれます。
その際に伝える事で補修をしてもらえる所が多いため、そこまで血眼になる必要はありません。
しかしながら、悪徳業者になると保証をしてくれないと言った事もありますので、保証部分の確認は必須ですね。

保証部分も確認をしておこう

保証、アフターメンテナンスというのは、住宅では非常に重要となります。
確認が完璧だとしても、家というのは永遠のものではありませんので、耐久性が低下していきます。
そのため、業者側の保証やアフターメンテナンスもしっかりとしていかなければ、後々のトータルコストが高くなるので注意してください。

契約の際に目先が安いというだけで、保証の部分を見ていないと後々痛い目を見る事になります。
必ずどこまでの範囲を保証してくれるのか、期間はいつまでなのか、点検はどのタイミングで行ってくれるのか、しっかりと聞いておくようにしてください。
口頭だけのやり取りではなく、保証書の発行もしてもらえすので、書面での確認も必要です。
「言った・言わない」のトラブルというのは非常に多く、契約書・保証書に記載していない場合には、弱い立場になる可能性もあります。
口頭で言われた事で契約書に記載していない部分があった場合、必ず書面に記載してもらうようにしましょう。

下記のページも最終検査の前に確認しておくと役に立ちます。
ぜひ合わせてみておくようにしてください。
→「家を建てる際の引き渡しポイント・手続き・費用

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。