この記事の所要時間: 649

注文住宅と分譲住宅の違い

皆さんは、注文住宅と分譲住宅の違いはご存知でしょうか?
まず、この2つの住宅を比較する前に価格や違いについてご紹介します。

注文住宅のメリット

注文住宅とは、建築主が自分の希望を生かしてプランニングし、施工会社と請負契約を交わして、建築する住宅のことです。
つまり、一から全てを自分たちで打ち合わせして決めていく住宅になります。
では、まずはどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

自由度が高く、自分たちの好みに出来る

注文住宅のメリットは、何よりも自由度が高いことで、土地から自分の希望で決めることが出来ます。
自分たちが建てたい場所の土地を見つけ、その上で建物の打ち合わせをしていきます。

外観から内装、構造まで、自分たちの好みやライフスタイルに合った家を設計してもらえます。
また、その土地に合った間取りや、自分たちの理想に合うプランについて業者からアドバイスをもらいながら、時間をかけて打ち合わせが可能です。

予算調整がしやすい

自分たちでプランニングが可能ですので、予算を調整出来ることもメリットの一つです。
業者と共に、資金計画をきちんと済ませ、その中で収まるようにプランを考えることは、今後ローンを支払っていく上でとても大切なことと言えます。
注文住宅は、予算を念頭に置いて予算配分が出来るので、自分たちが納得いくまで考えることが可能になります。

現場のチェックで安心

他にも、建設途中の現場を見て、仕上がりをチェックすることが可能です。
着工から竣工まで、自分の都合で現場に足を運ぶ事が出来るので、どのくらい工事が進んでいるのかを自分の目で確かめることが出来ます。
また、現場監督や大工に質問も出来るので、自分たちの家の構造なども再確認出来るので、安心ですよね。

注文住宅のデメリット

自由度の高い注文住宅は、とても魅力的に思える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、そこで即決せず、デメリットもしっかりと頭に入れておきましょう。

自由度が高い分、価格は上がる

先ほどメリットについてご紹介した時、「予算調整がしやすい」と言いましたが、実は落とし穴もあります。
自分たちで決められる範囲が非常に広いため、打ち合わせをしていく内に、予算オーバーになる可能性が考えられます。

特に、契約後の設計打ち合わせやCSの打ち合わせの際には要注意です。
契約に安心して、ついつい財布の紐が緩んでしまいがちになり、高価なオプションを付けてしまいかねません。

また、現場での追加費用にも気をつけるべきです。
やむを得ない場合もありますが、出来る限り着工前に業者にしっかりと確認をとり、予算配分をしていきましょう。

入居までの期間も長くなる

自分たちで決める箇所が多いと、必然的に打ち合わせも多くなります。
人によっては、自分たちの希望にあった土地が見つかるまでに時間がかかったり、見つかっても開発等の関係で着工が数年先になるなどの場合もあります。

土地が決まった後も、納得のいく間取りが決まらなかったり、予算が合わなかったり、融資が通らなかったりと、なかなか先に進まないという場合も出てきます。
そのため、入居が希望日よりも大幅にずれてしまう可能性も考えられます。
どうしてもこの日に入居したいという方には注文住宅は建て辛いものかもしれません。

分譲住宅のメリット

では、次に分譲住宅についてです。
分譲住宅とはどういった住宅かご存知でしょうか?

これは、すでに決まった土地に完成されて販売されている住宅のことです。
つまり、注文住宅のように1から全てを決めていくという過程がほとんどない住宅になります。

では、分譲住宅のメリットを見ていきましょう。

注文住宅よりも価格がお手ごろ

分譲住宅のメリットは、注文住宅よりも安く購入することが出来る事です。
また、分譲住宅は、ハウスメーカーが広大な土地を買い取り一気に開発して売り出すため、一度に何件もの住宅を建てる材料を仕入れるので、コストを抑えられます。
また、土地と建物を一緒に購入するので、注文住宅のように別々に購入するよりも安く済ませることができます。

入居までの期間も短め

完成されたものを購入するので、もちろん入居までの期間が短く済みます。
また、購入する際も、その完成品の中に入ってじっくり検討することが出来るので、自分たちが生活する時のイメージも付きやすいこともメリットになります。

分譲住宅のデメリット

では、次に分譲住宅のデメリットも見ていきましょう。

完成品を購入するため、自由度は低い

完成されたものをそのまま購入するため、当然自由度は低くなってしまいます。
間取りの変更が不可能なことはもちろんのこと、立地条件も選ぶ事は出来ません。
会社や学校から多少遠くなってしまったり、住みたい地域とは少し離れていたりしても変更することは出来ないため、妥協するしかないでしょう。

完成品のため、工事過程が分からない

注文住宅と違い、工事中の現場を見ることは出来ません。
ですので、実際にどんな構造なのか、どんな部材を使っているのかなどを、自分の目で確認する事が出来ないのがデメリットと言えます。
きちんと検査を受けた建物であると分かっていても、実際に自分たちが住む時に不安に思う方だと分譲住宅は不向きかもしれませんね。

それぞれの住宅の比率や割合はどのくらい?

注文住宅と分譲住宅の比率・割合

注文住宅と分譲住宅のそれぞれのメリット・デメリットを見ましたが、実際に家を購入された方はどちらが多いのでしょうか。
国土交通省の建築着工統計調査報告(平成27年計分)から分析してみましょう。

まず、平成27年の新設住宅着工は、持家(つまり注文住宅)は減少したが、貸家および分譲住宅が増加したため、全体で増加となりました。
総戸数は909,299戸で、前年比から1.9%増加しました。

では、そこから持家(注文住宅)と分譲住宅の割合と見ていきましょう。
まず、持家(注文住宅)は、283,366戸でした。
分譲住宅は、123,624戸(分譲マンションは除く)です。
つまり、注文住宅を建てられた方は2倍以上いらっしゃったということになります。
やはり、自由度の高い家を建てたいと思う方が多いのかもしれません。

しかし、他のデータを調べていくとまた別の結果が出てきました。
年収400万円未満の方にどんな住宅を購入するのか調査した所、注文住宅が全体の9.5%に対し、分譲受託は19.0%だったのです。
年収を対象にして見ると、先ほどの国土交通省の結果とは逆の結果となりましたね。

先ほどのメリットで説明した通り、分譲住宅は比較的お手ごろな価格で購入できます。
住宅という高額な商品の購入を諦めがちでも、分譲住宅ならマイホームの夢を叶えられるチャンスが大きいということではないでしょうか。

注文住宅か分譲住宅はどちらが良い?

注文住宅か分譲住宅はどちらが良い?

では、皆さんはどちらの住宅を購入したいですか?
どちらにするか迷った時は、実際に見ることが大切だと思います。
売り出し中の分譲住宅なら、常時見学も可能ですので、興味のある分譲住宅の業者に案内してもらいながら実際に使いやすいか検証してみましょう。

立地条件も確認し、もし会社や学校から遠くてもこれくらいなら許容範囲だな、バス停がすぐ近くにあるからそれほど不便では無さそうだな、と思えるようでしたら、その分譲住宅は良物件になります。
注文住宅なら、他のお施主様の完成見学会に足を運ぶことはもちろんのこと、工事中の構造見学会にも行き、内部に使われている断熱材や柱などを実際に見て触ってみると実感が湧いてくるはずです。

また、設備などでこのキッチンが欲しい、などの要望があれば注文住宅で取り入れて貰えば、夢が広がっていくと思います。
注文住宅にも分譲住宅にもそれぞれの良さがあるので、じっくり見て、考えて選択していきましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。