この記事の所要時間: 458

注文住宅の坪単価

注文住宅の坪単価について記載していきます。

坪単価とは、住宅を建てる時の1坪あたりの金額を指し、一般的に住宅の本体価格/延床面積で割った値です(※1坪=約3.3m2=たたみ約2枚分)。

例えば、延床面積50坪で3000万円だとすると、坪単価は60万円となります。
坪単価は住宅の金額の目安であり、住宅建築には欠かせない単位となるため、覚えておきましょう。
また、坪単価を見る時には、多くの注意するべき点があります。
何に注意しなければならないか、一緒に確認していきましょう。

床面積の算出方法について

坪単価は、一般的に本体価格/延床面積と延べましたが、延床面積とは何でしょうか。
坪単価の算出には様々な要素が絡み、正しく理解しないと思いがけないトラブルに見舞われることがあります。
しっかりと理解し、認識の誤りのないようにしましょう。

延床面積とは?

延床面積とは、建物の各階の床面積の合計を指します。
ただし、吹き抜けや玄関ポーチ、バルコニーといった壁で囲われていない部分は床面積に含まれません。
また、ここで床面積とは、璧芯面積のことを指し、壁や柱の中心線から測られた床面積を指します。

例えば、外壁を含めて1辺10mの正方形の部屋があったとして、外壁の厚さを1mとした場合、(10−0.5−0.5)×2=81mが璧芯面積、すなわち延床面積となります。
逆に、壁で囲われた内側だけの床面積は内法面積といいます。
先ほどの正方形の部屋で言うと、(10−1−1)×2=64mが内法面積です。

施工床面積とは?

住宅メーカーによっては、坪単価を算出する時に延床面積ではなく、施工床面積で計算するケースがあります。
施工床面積とは、延床面積では含まれなかった吹き抜けや玄関ポーチ、バルコニーなどを全て加えた面積を言います。
当然、施工床面積の方が延床面積より大きくなるため、その結果坪単価は安くなります。

長さの単位って?

日常的に使用する長さの単位と言えば、メートルですが、日本の住宅設計においては、910mmを基本単位とする「尺モジュール」(1単位がおよそ910mm)を採用することが多いです。
※メートル(1000mm)を基準とするものはメーターモジュールと呼びます。

メーターモジュールと尺モジュールでは、約1.1倍メーターモジュールの方が広くなるため、同じ間取りでも延床面積が変わるため、注意が必要となります。

地域の坪単価

注文住宅の坪単価は、地域によっても大きな差があります。
詳細の金額は本記事では省きますが、一般的に東京や神奈川、大阪といった人口が集中している地域では坪単価は高くなる傾向があります。
また、同様の理由から、同じ都道府県でも、都市部は坪単価が高くなります。

本体価格以外の費用

坪単価を算出する時の「本体価格」には、一般的に門や庭といった外構設備や、水道、浄化槽の設置といった屋外設備、およびその工事費や、税金と言った経費は含まれません。
地盤が弱ければ、杭を打つなどの地盤改良費も必要になります。
上記のように地域や敷地の条件によって必要となる工事が異なるため、本体価格にはどこまでの範囲が含まれているか、追加で必要な工事費用はいくらか事前に確認しましょう。

同じ面積での費用差

延床面積が同じであっても、凹凸が多く、複雑な形状の住宅であれば、外壁の量も増え、設計費用、工事費用が多く必要になるため、坪単価は上がります。
また、建築資材の質や、設備を追加することでも坪単価は上がることになります。

延床面積を減らせば坪単価は安くなる?

単純に考えて、延床面積を減らせば坪単価は安くなるように思えます。
しかし、残念ながらそうではありません。
なぜなら、工事にかかる人件費や仮設費用と言ったものは延床面積に比例して減少するわけではないからです。

メーカごとの坪単価

注文住宅は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所のいずれかに依頼することになります。
詳細の坪単価の紹介は割愛しますが、それぞれの坪単価の傾向を見てみましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、大きく広告を出していることもあり、広告費や人件費が住宅価格に上乗せされるため、坪単価は高くなる傾向にあります。
しかし、大手のハウスメーカーは実績が多数あり、なおかつ販促・広告の豊富さから、建築の傾向やグレードの価格差がわかりやすいため、予算に余裕がある場合は、好みのブランドを選択できることがメリットです。

工務店

工務店は、ハウスメーカーに比べて広告にかける費用が少ないため、比較的安価になる傾向にあります。
また、地域密着型の営業形態をとっている業者が多いため、アフターサービスが充実している傾向があり、費用対効果は大きいと言えます。

設計事務所

設計事務所は、建築士の意向により大きく変動するため、一概に高い安いと評価することが難しくなります。
ただし、予算が明確であればその金額内で仕様を調整する事が可能です。

坪単価の存在意義/まとめ

これまで、坪単価を見る時の注意点を挙げましたが、こんなに注意する点があるなら、坪単価は役に立たないのではと疑問視されるかも知れません。
確かに単純に坪単価だけを提示されても、他社の住宅に比べて安いのか高いのか判断する事が出来ません。
しかし、同じメーカで異なる住宅を展開している場合では、坪単価の算出方法はほぼ同じと考えられるため、坪単価を目安として価格の大小を判断することができます。

また、本記事で述べた注意点を知っていれば、広告の住宅費用に比べて、自分の建てる住宅が安いのか高いのか目星をつけることが可能です。
坪単価はあくまで目安であることを理解し、正しく活用するようにしましょう。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。