この記事の所要時間: 235

注文住宅の予算オーバー

多くのハウスメーカーは注文住宅と言っても、坪単価が設定されていたり、コンセプトごとに引き渡し価格がある程度固定されたりしていますので、見積もりがハッキリしているものです。
しかし、設計の自由度が高い注文住宅を建てるケースや、色々な設備を付加的に足していく場合には、建設予算が見辛く、どうしても予算が大きくなる傾向にあります。
そのため、当初予想していた予算よりオーバーしてしまう事もありますので注意しましょう。
見積もりの段階はもちろんですが、契約後の予算オーバーと判明する場合もあります。

予算オーバーになるパターン

また、ほとんどのハウスメーカーは家そのものの見積もりは、坪単価などであらかじめ明らかにしていることが多いですが、外構工事については別途見積もりとしています。
それで、住宅部分は一般的な仕様だとしても、庭の面積が大きいと思っていたより予算が膨らむことが多くなります。
住宅資金として予算を考える際には、住宅そのものの建設に加えて、庭やガレージなどの外構部分のことも考慮に入れて計算するようにしましょう。

予算オーバーにならないためには?

ある程度、設計の段階で予算オーバーとなりそうだと分かるのであればまだ良いのですが、工事が進んでいる中で、欲しかった設備などが出てくる事も少なくはありません。
それらを付け加えている内に、当初の予算から離れてしまうという事態が生じると、資金繰りに苦しむことになります。
そのため、設計と見積もりの段階で、しっかりと予算を決められるようにしておきましょう。
そして、ある程度設備や仕様、デザインに変更が生じるかもしれないという事を考慮に入れて、いくつかのオプションを用意しておくと良いでしょう。

例えば、キッチン設備を設計で決めたものではなく、他のブランドのものにしたらどのくらい費用がかかってくるか、壁紙やフローリングを変更したら、どのくらいの金額差が出てくるかなどです。
実際に変更することが無いとしても、こうしたオプションを用意しておくことで、余裕のある資金計画を立てられるようになりますので、設計を進めていく中で考えると良いでしょう。

予算オーバーを削る方法は?

色々な事情で、どうしてもプランを変更せざるを得なくてなって、予算がオーバーしてしまう事もあるでしょう。
こうしたケースでは、まず自己資金でそのオーバーした部分をカバー出来ないかどうかチェックしてみましょう。
借り増しをするよりは、自己資金でのカバーの方が資金繰りが楽になるからです。

しかし、自己資金で賄えないと分かったら、すぐに住宅ローンを融資してくれる金融機関に相談するようにしてください。
その際には、もともとの融資額からいくら上乗せとなるのか、その予算オーバーが生じた理由や、その必要性を示す書類を持参すると良いでしょう。
融資金額によっては、上乗せを渋るケースが多いので、こうした説得材料をしっかりと用意してから行くことで、スムーズに話し合いを進める事が出来るようになります。

【間取りプラン、資金計画書、土地探しを無料提案してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【タウンライフを選ぶ理由】
  • 厳格な国家基準をクリアした優良業者のみが掲載
  • 全国300社以上の業者の中からオリジナル計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績もトップクラスで生の声も多数掲載
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【タウンライフ家づくりの概要】
タウンライフ家づくりでは、約3分の入力を行うだけで複数の注文住宅業者から「間取りプラン」「資金計画書・注文住宅費用」「土地探し」の3つのプランを提案してもらえます。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこの業者に依頼して良いのか分からない、忙しいため情報収集も出来ないという方にオススメです。
住宅展示場に行かなくても良い、何度の複数の会社と商談しなくても良い、自宅にいながらオリジナルプランを見て吟味出来るというメリットがあります。
また、厳正な審査を通過した業者のみが参加していますので、悪徳業者がいないというのも安心して利用出来る要因のひとつと言えます。